褐色脂肪細胞とダイエット

褐色脂肪細胞はダイエットに役立つことでとても話題となっていますが、どのように活性化させればいいのでしょうか。
何らかの形で身体に寒さが増したように感じさせることで、褐色脂肪細胞の体温調節機能が働きだすと言われています。
水を入れて凍らせたペットボトルを握ることで、手を冷やしてみるのもおすすめです。
首を前後交互に動かしながら、手は平泳ぎをするように開いてみましょう。
凍った水の入ったペットボトルを両手に持ちます。
最後に、冷たくなった手をお湯で温めます。
同じ動作を、5回程度繰り返してみましょう。
シャワーのお湯を、30〜40度に変えながら首にかけることで、褐色脂肪細胞の働きを促進させることができます。
30秒ほどシャワーをかけるとよいでしょう。
首の周りには褐色脂肪細胞が多く集まっているので、集中してかけるとよいでしょう。
ただし、心臓が弱い人や血管の疾患がある人は、お湯の温度を急激に変えると血圧に影響がでるおそれがあるので注意が必要です。
心臓疾患や高血圧がある人や高齢者の方は、医師に相談してから行うようにしましょう。
寒い時期に冷温シャワーをすることは身体に負担がかかるので、無理しない範囲での温度調節をしましょう。
身体を冷やすことと冷えには、とても大きな違いがあります。
よって、冷え性の人が褐色脂肪細胞を促進できるわけでは決してありません。
褐色脂肪細胞の働きを促して、ダイエットを成功させてください。